前へ
次へ

一人の大人として成長していくために必要なこと

人間は成長して大人になると、いつか仕事を持ちます。そして社会の一員として働くようになり、親から経済的にも独立します。その時のために必要な技術や心構えなどを習得していくのが教育の一環です。義務教育課程では読み書きや計算に始まり、知っておくべきことをたくさん学びます。机に向かう勉強の他に料理や裁縫、体育では体力向上やチームワークについても学んでいきます。そして成長していく中で、徐々に自分の好きなことや得意分野を知り、いつかこういった仕事をしてみたいという希望につなげていきます。義務教育課程が修了すると、早い人は職業に繋がる学校へと進学します。音楽の道やスポーツ選手を目指したり、看護の学校に進む人も出てきます。また高校や大学、専門学校など進む道は人それぞれですが、多くの人が学校教育を受けながら進む道を決定し仕事に必要な資格や知識を身につけます。このように教育には、一人の人間が社会に旅立つことに向けた長い時間をかけて行うプロセスが詰まっています。

Page Top